• ドッグセラピー

『子どもたちの教育における動物の役割』ヤングアダルト編開催

2017年2月18日(土曜日)東京よりアニマルセラピーコーディネーターの第一人者、山﨑恵子先生をお招きし『子どもたちの教育における動物の役割ヤングアダルト編』セミナーを開催します。

f03_1397198175458441_img

ペット研究会『互』主宰、米国ペットパートナーズ協会認定インストラクター、動物介在療法コーディネーター、優良家庭犬普及協会常任理事 他、動物に関連する執筆、講演、講義、翻訳、通訳に幅広く活躍されています。
2016年はIAHAIO 大会(人と動物との関係に関する国際会議)パリ大会が開催されました。その大会委員のひとりでもあります。(スゴイことです!)

2016年2月に開催させていただいた基礎編の内容

動物介在教育と生命尊重教育のちがい

7つの多重知性+8つ目のNatural Inteligence 五感の発達

5つのR

 Respect 相手の立場を尊重する
 Reverence 畏敬の念をもつ
 Responsibilty 責任
 Realistic リアルな教育
 Relevace ニュートラル中立の立場で

NDD(Natural Deficit Disorder) 自然欠陥障害とは

いろんな立場での発する言葉の大切さ      などなど

ほんとに多くの事例をもとにいろんな視点からお話くださいました。

絵本もいっぱい持ってきてくださいました!

12660200_828575420601951_1730834387_n

12714242_828575413935285_254168249_n

外国のイラストはかわいいのがたくさん!

動物介在教育・生命尊重教育の今後の課題

  • ひとつのマインドセット(新たな意識・あり方)をつくること。何を目標にして、何をどうするかを考え組み立てるか。
  • 子どもたちに犬猫だけではなく他の動物にも目を向け「動物の想い」を育てる。
  • 子どもたちが喜んで手に取ってもらうためには工夫が大切。教材の開発。
  • 動物を使わなくてもできる教材のバリエーションを作る。
  • 学校の先生をどのように引き込んでいくか。
  • ロールモデルの大人が育たない。

これはいくら学校で生命尊重教育をしても一番身近な親の発する言葉ですべてぬりかえられてしまうこと。

例えば、子どもさんが捨て猫を拾ってきたとき

こども
子猫飼ってもいい?
おかあさん
うちは飼えないから、子猫がいた場所に置いてきて!

というと、子どもさんは子猫は捨てられるものという認識ができ動物に対する責任感がなくなる。また動物遺棄という犯罪にもなる。

ママ
うちでは飼えないから、飼い主を一緒に探そうね。新しい飼い主が見つかるまでお世話しましょ!

というと、動物に対する責任を感じることができる。

参加者の声

参加者の方は何が決め手となって参加されたのか?

  • 「動物介在教育」というキーワードをみて
  • 今後犬と一緒に何ができるのか、自分のライフスタイルに合っているような気がするので教育者でもない自分にとってできる事はあるのか?
  • 以前から動物介在教育に興味をもち山﨑先生のセミナーを一度聞いてみたいと思っていたので
  • 今最も関心のあるテーマだったため・山﨑先生のお話を聴きしたかったため
  • 「動物介在教育」について勉強できる場がなかったので興味がわきました
  • 子どもの教育・保育に携わっているので

参加者の一番印象に残ったのは

  • 愛護教育・生命尊重教育の「チェックポイント」「カベ」について他多数
  • 本物の動物を使う必要性が全くない「Orbi」バーチャルの世界での生き物の様子のリアリティな様子
  • 様々な教育プログラム(動物を入れた)の紹介と可能性について
  • 生命尊重教育の障壁・自然欠陥障害・教材について
  • 8つの知能のお話と5つのR

今回私が一番印象に残ったのは

昨年聴いたときと今回聴いたときと感じるところが変化していました。

昨年は上記の多重知性と5R,NDDのお話が目からうろこでした。

今回一番印象に残ったのは、子どもの発達に段階に対して私がどう関われるか?という視点でお話を聴いていました。
そのなかで、0歳から8歳までにどれだけ自然や動植物と関わりを持つことができるかで五感の発達・共感力が全く違ってくるということ。その大切さ。

そのときのお話でご紹介くださった本
41ZCEPB9SAL._SX293_BO1,204,203,200_
この本を取り寄せたので、じっくり読んでどう生かすことができるのか考えます。

 

 

子どもたちにどれだけ「いのち」の大切さや動物の気持ちを教えても、いちばん身近にいる大人(親)の一言で全てぬりかえられてしまうことが問題であり課題でもある。
今の大人たちを教育し直すことはとても大変です。

そこで将来親になるのがいちばんちかいヤングアダルト層(大学生や専門学生など)に教育することが一番の近道だと山﨑先生は仰られています。

2017年2月18日ヤングアダルト編 1Dayセミナー開催します!

日時:2017年2月18日(土曜日) 10:00~16:00

講師:山﨑恵子先生

場所:cafe Ohana

大阪市西区九条南2‐15‐1 06-6582-3838

 

2017年3月11・12日(土・日)と東京では基礎編が開催されます。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号 (必須)

ここるの会員ですか?(参加費が異なります)

メッセージがあればご記入ください

 

この記事を書いた人

cocoru

ドッグセラピーの普及・ドッグアシスティッドセラピストの育成。わんわんパトロールのコミュニティーをつくっています。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software