• ミッシェル康代

自己実現というセレクション

お金を取る以上はプロ。お値段の仕事はして頂ける。

過去に2、3度プロに依頼して写真をとって貰った事が有ります。

プロフィールに必要な写真はきちんとしたかったから。

最初の1回は紹介で、設定しました。

スタジオでは、ただただ、恥ずかしく、自然な笑顔を出すのが難しかった。

馴れない事をするから引きつってしまうのです。

でもそれはそれなりの写真が出来上がったのです。それがこちらもう若かりし時の写真で

今出すのはズルだから出せませんね〜。

yasuyo11

きちんとプロに撮って頂いた物はどこに出すのも躊躇無しに出来る自分の肖像でした。

綺麗にとって頂けたと満足していたのです。さすがプロそう感じました。

でも、その後、こんな撮り方があるんだ・・・そう実感する出会いがあったのです。

次の2回はこの人に絶対とって貰いたいと思ったから。

最初の写真にもお金以上の満足を感じています。自分の顔は長年つき合ってきて良く知ってる。

それ以上に良く見えたら満足。さらにその道のプロっぽく見えてくれれば御の字です。

プロが撮る写真はまるで自分ではないみたい。

もうかれこれ10年程前、スタジオで撮って頂いたのを思いだします。

テクニックだけがプロの力ではない

有る時、素敵な方と出逢いました。

素敵に撮られている被写体。そこには引きつるとか、作るという言葉は全くない様でした。

緑をバックにどの方も、それはそれは自然な笑顔なんです。

ああこの人にお願いしたい。そう思いました。

それ以来メルマガ、ブログ欠かさず読む程のファンになりました。

機会が有り、ついに私はその方の被写体と成る事が出来ました。

子どもとの写真を残しておきたくて。それは私の愛しい思いを閉じ込めた様な素敵な写真。これは、プロじゃなきゃ取れない。

一枚のCDで残してもらった私たち。今でも宝物です。

3Q4A11783Q4A1111

 

これは、数人集めての撮影会でした。

子どもとの写真と共にビジネス用にも又きっと・・・そう思わせる彼女の写真はそれは自然で魅力的なのです。又とって貰いたい。

そう思い乍らもモノイリで、お金は飛ぶ様になくなるのに、思う様に動けず、自分の自由になるお金に苦しむ幼児期の子どもが居る毎日。

或る日イベントで凄いラッキーを手にする事になりました。

そのイベントでも目玉だったと思う福引きの商品としてあの彼女のスタジオで撮影して頂くという名誉を得る事が出来たのです。ついてる〜♪

それは今考えてもラッキー。知る事の無かったさらなる彼女の魅力を知る事となるのです。

 

素敵の連鎖に気付いた時

撮って頂けたのは私の憧れの方でもあるこの方・・・中野貴子さん

福岡でもそれはそれはハイソなエリアに有る彼女のスタジオへ尋ねました。

ペントハウスと言われるフロアを改装してのスタジオは寒い日もサンサンと光の注ぐそれはそれは

明るくて気持ちの良いお部屋での撮影。

ただ、私は始めての育児、どんな風に仕事と関わるか・・・まだまだ先が見えない時期でした。

でも、彼女との会話の中でどんどんやりたい事、未来への自分、役割り・・・明確に成って行くのが分かりました。

その質問は自分をもっともっと高めてくれるものだったのです。

そんな自分を引出してくれてからの撮影。

これはハマるな。と感じました。だって、素敵の連鎖なんですよ。

成りたい自分に成る為にイメージを引出す

→その成りたい自分をイメージして撮って頂く。

→その成りたい自分になっている。

その連鎖に気付いたからです。私はもう若くは無い。

普通に撮れば、シワや白髪、年相応のヤツれなどどうしても隠しようのない衰えは正直に映してしまうでしょう。

でもそこに投資出来るならば撮った時のイメージどおりにビジュアライズ出来る。

勿論ブレる時、悩む時もあるでしょう。

でも撮影した時に思っていた事は叶ってるな〜っと実感出来る様に自分がチャレンジ出来るはず。

イメージする為の投資として有る撮影だったらば???それ安く無いですか?

とって貰う時、『どんなシチュエーションに対して』撮りたいショットなのかを聞かれます。

パンフレット、ブログ、Facebook等自分の発信するツールに使いたい。というのが私の答え。

どんな自分をイメージしているのか?を明確にする為の質問に答えるうちに、

セミナーや、勉強会を開催するときの自分がありありと明確に見えて来るのです。

こうして引出される自分のイメージ。こんな風にコンサルの時間が充実している事はその後の服装にも影響します。

ジャケットの有り無し、アクセサリー、髪も縛るのが良いか、自然にが良いか。アングル、表情全てにイメージの力を再現して行くのです!

メイクだってしっかり目がいいのか、ソフト目か。あらゆる所でアドバイスをくれます。

これが、例えばガンガン現場をこなしてる自分をイメージするのなら、もっと違う撮り方に成るでしょう。とにかく、女性ならではの細かいニュアンス。だから堅くなっている暇なんてないんです。

 

本気の引出し方・・・

質問によって、答えは変わります。

私は聞いて貰えなければその時一番好きなアクセサリーで、綺麗に見える事だけを意識したでしょう。

スタジオのあるエリアはそれでなくても素敵で、充分に気持ちの良い表情を引出してくれるはず。

でも彼女が引出してくれたのは将来の成りたい自分。

・・・引きつるどころか、自然に柔らかい気持ちに成れるのです。

そんな表情が出て来る質問をくれるから。

具体的なシチュエーションでの自分史上最高のプロの顔。

もうそこに作った自分は無いのです。恥ずかしいとかの感情も一切なし。

アドバイスは的を得てました。

ダイエット出来て、もっと明るいイメージの写真を撮りたい。今度はそう思います。

自分が成長出来る為のポートフォリオ。素敵ですよね。

そして感じたのが私の仕事でも言えているなという事。

作る最中はついうっかり目の前の事を決める事に集中してしまってたな〜。

 

インテリアは毎日そこで過ごし、意識していなくても潜在意識のベースに成る場所。

貴方は将来どんな自分になりたくてその家具を選びますか?

5年後、10年後、その部屋でどんな自分に成っていますか?

その場所でどんな事をしたいですか?

もし、今アイテムをセレクトするのならどことどこを重視してその満足する場所へ育てていくでしょうか???

貴方はそこでさらにどんな将来を家族と夢みるでしょうか???

あなたの成功はそこで作られて行くのです♥ひとつひとつ、理想に向かって進んで欲しいです♪

ブレない理想のインテリアの作り方一緒に考えてみませんか?                こんなお茶会&プチセミナーやってます♪

 

 

 

 

この記事を書いた人

ミッシェル 康代

親子のコミニュケーションを高める住まい作りの専門家/インテリアコーディネーター/2級建築士のミッシェル康代です。 建築も分かるインテリアコーディネーターとしてデザイナーズマンション、マンション・戸建てのモデルルーム、大型老健施設のインテリアデザインやインテリア講師やセンスUPセミナーの講師等も努めてきました。 現在は、コミュニケーションの在り方を極める事こそ『失敗しないリフォーム』を実現させる手段である!とより良いコミュニケーションの在り方を追求中です。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software