• ブログ

庭窪ワンド河川レンジャーの活動に参加してきました。

今日は初めて河川レンジャーの活動に参加してきました。

場所は庭窪ワンド。淀川と中央環状線の交わる守口市側です。

IMG_20160529_095304

大阪商業大学、大阪産業大学、大阪国際大学、
天辻鋼球製作所(株)、エコトラック(株)、大阪トヨタ自動車(株)、
NPO、地元漁師、パナソニック松愛会、パナソニックエコリレージャパン、
イタセンネット城北メンバー、一般参加者を含め、55名の方が参加されました。
いつもこれくらいの人数の方が集まるとか。
はじめた当初2009年は7名だったそうです。
img_2_m

なぜこの活動に参加しようと思ったのか?

 
今年の山﨑恵子先生のセミナー
を聴いたとき、山﨑恵子先生が
「ゴミ拾いをただのゴミ拾いだけにしてはいけない」
と仰ったことばが突き刺さりました。
わんわんパトロールの一環で月に1度うんち・ごみ拾いをしていたからです。
もちろん河川レンジャーの活動は知っていましたが調べて参加しようとは思わなかったのです。
ですが、山﨑先生のお言葉を聴いて
子どもたちに伝えるのに自分が経験してみないと伝える事が出来ないと思ったからです。
そして調べると「一般社団法人 JEAN」の活動をしりました。
その中で紹介されていたのが今日の活動です。
 

どんなことをしているのか?

ワンドにたまったゴミとワンド周辺のゴミをを回収

IMG_20160529_100828
IMG_20160529_101622

201605291527000

回収ゴミも45ℓゴミ袋80袋に・・・(約1時間で)
 

外来魚・外来植物の駆除

IMG_20160529_103509
地曳網で
IMG_20160529_103627
img_13_m
調査報告(次回詳しく聞いてみたいです)
img_0_m1
やっぱりブラックバス・・・でも巨大で皆さんびっくりされてました。
IMG_20160529_111547

イタセンパラって?

初めて知った『イタセンパラ
天然記念物の淡水魚で絶滅の恐れがあるそうです。
content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80-
それをくい止めるため『イタセンネット』の活動があります。
 

 

大阪のど真ん中に天然記念物の淡水魚がいることを知ったこと。
参加してよかったな~と嬉しくなりました。

IMG_20160529_111650

いちばんショックだったこと。

ビニール袋にいれたわんちゃんのうんちが河川に捨てられているということ!

ごみを拾いながらお話を聞いて耳を疑いました!

SNSでこんなゴミもあるって発信して!まで言われましたから!

え~っ、な、なん、なんで~???

家に持って帰るのがいやなの?

道ではうんち拾ってますよ~って、それを川に投げ捨てるって悪質です!

そのビニール袋が川や海にすむ生き物にどんな影響を与えているのか考えてほしいのです。

中央環状線の辺りはドライバーが投げ捨てたと思われるゴミが河川敷にありました。

そんなゴミが海まで流れ着くとね。

海で生きている生き物たちや鳥たちが死んでしまう原因になっているんです。

生物の中には、人工のごみとエサの区別ができずに、間違えてプラスチックを飲み込んでしまうものもいます。こうした誤飲・誤食を繰り返す個体は、ごみが、胃などの消化器にたまり続け、エサを食べることができなくなり、死んでしまう場合もあります。 生き物の中には、好奇心でごみに近寄ったり、ごみの蔭に集まる魚を食べようと近づき、ごみが体の一部にひっかかってしまうものがいます。 ごみの多くがプラスチック(化学繊維)素材のため、とても丈夫であり、簡単にはずれることはなく、人間のように手を使ってはずすこともできません。プラスチックという素材だけでなく、その形状にも注意が必要です。一般社団JEAN

img_matter01 img_matter09 img_matter10

 

あなたの捨てるゴミ、一度考えてみませんか?

この記事を書いた人

cocoru

ドッグセラピーの普及・ドッグアシスティッドセラピストの育成。わんわんパトロールのコミュニティーをつくっています。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software