• 清水かおり

料理教室 立夏の茶飯事会を開催しました。

玉手箱を開けたら街中に緑の魔法がかかったかのように、一気に新緑の季節がやってきた今年のゴールデンウィーク。

まさしく立夏の名にふさわしいこの季節に、第2回目の茶飯事会を開きました。

今回のテーマは、 「乾物とアジア」 です。

 

茶飯事会とは,「忙しい毎日の中でのていねいな暮らしは、ちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、日々のごはん作りを通して日本の暦や行事を楽しみ心豊かに暮らしたい人たちが集い、一緒にごはんを作りながら暮らしの智恵を分かち合い、楽しいおしゃべりの花を食卓いっぱいに咲かせていく、教室と言うよりもむしろ休日の倶楽部活動のような小さな料理教室です。

 

5月 立夏の季節の茶飯事会メニュー

  • かご盛りおかず5品

 ・凍らせ豆腐のアジアンピーナッツソース

 ・グリーントマトのライムマリネ

 ・切り干し大根のアジア風なます

 ・にんじんラペ クミンとカルダモン風味

 ・いんげんとスナップえんどうのキヌア入りトマトドレッシング和え

  • 空豆と海老のかき揚げ
  • 乾しいたけとドライトマトの炊き込みごはん
  • 切り干し大根の味噌スープ

全体写真

この時期、街の中や野山を彩る草木の緑色は、明るいトーンで、そこに暮らす私たちにリラックス気分ばかりでなくリフレッシュの効果ももたらしてくれます。

野菜たちはといえば、菜の花に代わり緑色をまとったたくさんの種類のお豆さん達が登場して、食卓もしばらくは緑のグラデーションを存分に楽しむことができそうです。

今回は、その緑色を楽しみながらも、立夏という暦を意識して、少しだけ夏を先取りしたメニューをご用意しました。

テーマは「乾物とアジア」

わざわざお出汁を引かなくても、乾物たちの持つうまみを組み合わせることで滋味深い味が生まれることをお伝えしながら、季節の食材を使って作る、私の大好きなちょっぴりアジアなお料理をいくつか紹介しています。

ふとどこかにアジアのかおりを感じさせる爽やかな5月の風、そんな風が吹き抜ける食卓になったでしょうか?

教室風景をご紹介します。

お迎えするわが家も、立夏に合わせて初夏の設えに模様替えです。

ホットカーペットをしまい、夏仕様に

玄関のタペストリーも煉瓦色から青色に

わが家で唯一お花を飾れるお手洗いには、ベランダで満開の卯の花を。

 

器も、波佐見焼のものを中心に緑に映える青と白で揃えました。

器1

とはいえ、あんまり涼やかになりすぎないように、いつもなら青もみじを添えるところを、名残の葉わさびを敷いてみました。

器2

あくまでも5月はじめの立夏の食卓。

主役の色はやはり緑。

ということで、プレイスマットもシックな緑を選びました。 

ところで、日常の食卓で季節感を出すのに良い仕事をしてくれるものに、ペーパーナプキンがあります。

食卓がちょっと寂しいなと思ったとき、もうひとひねり、色の引き締めがほしいなと思ったときに気軽に活用してみて下さい。こんな小さな1枚でも、雰囲気ががらりと変わります。

ナプキン比べ

水色のナプキン達は、夏らしくてステキですが、今の季節にはちょっと早すぎ・・・。

今回参加のみなさんにも、実際に手にとって色々と試して頂きました。

ナプキン2

 

さて、今回の教室ですが、今回はデモンストレーションの形式で、私がみなさんの前で説明しながら作っていくという方法をとりました。

実演1

いつも作り慣れているメニューばかりなのですが、いざレシピにおこそうとすると、大さじ1では多すぎるけど2/3ではいつもの味とはちょっと違うし・・・と悩むことがよくあります。

また、たとえレシピが決まったとしても、素材の持つ味は産地や季節、保存の状況などによってもまちまちなので、おうちでレシピ通りに作ったのに違う味になったと言うこともしばしばです。

私はむしろ、そのことをみなさんにお伝えしたいと思うのです。

たとえば、甘いにんじんならハチミツは控えた方がいいかもしれないし、ちょっと味の薄いにんじんに出会ったとしても少しいつもより濃いめの味にしてあげることで美味しくいただくことが可能です。

ドレッシングを作るときにもひとつひとつ調味料を加えるたびに味見をして、味の変化を自分の舌で確かめて、その記憶を大事におうちに持って帰ってもらいたい、レシピはそのときのための参考値、そんな風に思っています。

グリーントマトは、新緑の季節にぴったりの食材

スナップえんどうのゆで時間は10秒!

キヌアとグリーントマトのドレッシングで豆たちを和えています。いつもは、赤いトマトで作りますが、今回はメインカラーの緑に合わせてレイヤードグリーンに。

切り干し大根のレパートリーは和食以外にもアジアンに洋に中華にと実はたくさん!

 

さあ、できあがった5種のおかずを合わせて、楽しい盛りつけレッスンです。

コツは、盛りすぎない。中高に。入っているどの素材も見えるように。

かご盛りおかずの盛りつけが終わったら、蓋をいったん閉めて、最後に、空豆と海老のかき揚げを作って、完成です。

1日目は衣の小麦粉に重曹と炭酸水、2日目は片栗粉と炭酸水を加えて作ったかき揚げは、さくさくに出来上がりました。

抹茶塩とクミン塩、つけ塩が変わると和風にもアジア風にもなる無国籍なかき揚げは、わがやの定番です。

 

ピーナッツソースの応用編 鶏もも肉のローストも焼き上がって、立夏の食卓が完成しました。

五種盛り

味つけをアジア風に仕上げた小さなおかずたち

前日から水につけておいた乾しいたけとドライトマトを入れて漬け汁と少しのナンプラーで仕上げただけの炊き込みごはんと、水から放りこんで煮立てた切り干し大根とまたまたドライトマトだけのうまみが美味しい味噌スープ

とりわけ豪華でもないおかずでも、こうやって盛ってみるとステキなおもてなしの食卓に変身できるのが、籠やお重箱のマジックですね。

さて、食後のお楽しみの甘味は、緑豆の塩ぜんざいのココナッツミルクがけ

ほてりを取る働きがあり夏の薬膳でもよく使われる緑豆の冷たいおぜんざいは、ベトナムのチェーや沖縄ぜんざいにも似て、やはりアジアの夏を思い起こさせてくれますね。

 

今回のお土産は、盛りかごをふたつ。

それに、今回の調理に使ったナンプラーとイエローカレーペーストのお試しです。

使い慣れない調味料は、とかく応用が利かないもの。今回は、応用レシピもお伝えしたので、ぜひ試しに気軽に使って頂いて、味のレパートリーを増やしていって下さいね。

今回使ったアジア調味料は、向かって左からイエローカレーペースト、ナンプラー、スウィートチリソース それにココナッツミルクです。

 

今回お伝えしたかったことは・・・

乾物とアジアというテーマで開いた今回の茶飯事会。

私が今回お伝えしたかったのは、次のふたつ。

  • 乾物からもかんたんにうまみたっぷりのお出汁が取れる。
  • いつものおかずも盛りつけ方でステキなおもてなし料理にアレンジできる。

 

みなさんは、「出汁」というと、昆布とかつお節で引く「一番出汁」を真っ先に思い浮かべられるのではないでしょうか?

うまみがたっぷり含まれた出汁、実はかつお節のうまみであるイノシン酸はお肉や魚から、昆布のもつグルタミン酸はトマトなどの野菜からも引き出すことができるのです。

これに乾しいたけの持つグアニル酸が加われば、天然の美味しい出汁の完成です。

うまみは、ひとつだけでなく、ふたつ以上合わさると相乗効果を発揮して1+1=2以上の美味しさを生み出します。

今回使用した乾しいたけや切り干し大根、ドライトマトには、こんなありがたいうまみがぎゅっと濃縮して含まれているんです。

 

忙しい日々、帰宅して毎晩出汁を引くのは億劫だし、作り置きして冷凍できるとは言ってもやはり味は落ちてしまいます。

そんな時に、このうまみの効果を知っておけば、今回の炊き込みごはんや味噌スープのように乾物や野菜を組み合わせて短時間でおいしいごはんが用意できます。

今夜は何と何を組み合わせてお出汁をとろうかな、なんて考えるのが楽しみになって来たらしめたものですよ。

 

乾物は、和食に中華イタリアンアジア、そんな国境を飛び越えて活躍できる優れもの。

これからぜひ、乾物を自由に使ってうまみの世界を存分に味わって下さいね。

そして最後にうれしいおたより。

参加して下さった方の多くが、その日の帰りやすぐあとの日に、教室で使った食材や容器を購入して、復習や応用をすぐに実践して下さっているのです。

福岡から参加して下さったYさんは、当日の夜にさっそく籠を使ってステキな夕食を作ってみた、と下の写真を送ってきて下さいました。試しにお渡ししたナンプラーを使って豚肉とたまねぎの炒め物も作って下さったとか。福岡からの日帰りでお疲れだったでしょうに、こんなに喜んで頂けて本当に感激してしまいました。

 

これからも、「忙しい毎日の中でのていねいな暮らしは、ちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに楽しい教室を開いていきます。

これからもどうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

清水 かおり

だしソムリエ1級。 食卓カウンセラー。 ときどき、獣医師。 季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software