• 七星奈津子

さをり織で社会貢献

心織xさをり織

こんにちは^^ 七星なつこです。

今回は、特定非営利法人心織(ここる)代表の田中理恵さんに、さをり織についてお話を伺わせていただきます。

七星
田中さん、よろしくお願いします〜
田中
よろしくお願いしま〜す。

さをり織との出会い

田中さんとさをり織の出会いを聞く前に、そもそもさをり織とは何なのか・・・
について触れたいと思います。

「さをり」とは自分の感じるままに、好きに好きに織る手織りです。
織りに自己を表現するというアートとしての手織りです。
アートである以上、見本もなければ、ミスや失敗というものもなく制約もありません。何を何色でどんな風に織るか、すべて織り手本人に委ねられています。
感性の手織り=さをり織は、布を織るのではなく、自分を織るものです。

とありました。 

さらに、

「さをり」では「機械のマネはしない」ということをスローガンとしています。
均一・均質、パターン化されたものから抜け出す。常識や既成概念から離れ、自由な発想と視点を大切にする。心を「無」にして織る…。

とも。

 

 

七星
布を織るのではなく、自分を織るというところが素敵ですね。
田中さんとさをり織との出会いはどこでですか?
田中
ドッグセラピーで、枚方の障がい者施設にお伺いしたときに、さをり織りをしているのを見たのが最初です。

障がい者施設でさをり織を取り入れているわけ

七星
なぜ障がい者施設で「さをり」を取り入れているのですか?
田中
「さをり」がありのままを受け入れているからじゃないでしょうか?
普通の機織りだと、きっちり織らないといけないのですが、さをり織りは個人の自由な発想で織れることと、織ったときにちょっとした傷に見えるのが、逆にいい味になったりするんです。
私も体験しましたが、織り方がとても簡単なんです。

心織(ここる)でさをり織を取り入れた理由

七星
そんな「さをり」を心織(ここる)の活動に取り入れようと思われたきっかけは何だったんでしょうか?
田中

枚方のガイドヘルプという障がい者の外出支援(土日に障がいのある子どもと様々なところに出かけるサービス)に来ていた子どものお母さんが「さをり」のアトリエを持っていたんです。
そのお母さんに、「さをり」は織るのが簡単だから、多くの施設で取り入れられているけども、織るだけ織って施設の中で眠っているものがたくさんあると聞きました。

七星
施設の中で眠っている?
田中
何を作ればいいのかわからなかったり、縫製をしてくれるボランティアさんがいないことから、形にすることができず、織ったものの、そのまま置いているんだそうです。
七星
え〜、そうなんですか。
田中
もったいないでしょ?
障がいを持つ子供たちが織る「さをり」は本当に素晴らしいんです。
だから、心織(ここる)で何かできないかな〜と考えたんです。
七星
理恵さんから見た、さをり織の一番の魅力は何ですか?
田中
知的障がいの子どもたちが織る「さをり」は色がすごく独特なんです。
私たちは色をモノトーン系とか茶系とかにまとめてしまいがちですけど、知的障がいの子どもたちの色の感覚は並ならぬものがあるんです。私たちでは考えつかないような配色で織るので、その色使いがユニークで素敵だな〜って思います。

さをり織

 

1枚1枚その子の個性が出る「さをり織」。
それぞれの個性を伸ばしてあげて、認めてあげたいとおっしゃる田中さん。
さらには、さをり織のアーティストとして認められるぐらいになってて欲しいともおっしゃっていました。

 

 

田中さんが施設に行き、「さをり」を見ていると子どもが横に来て「それ私が織ったの」って話しかけてくるんだそうです。

「今日これ織ったから、これ買って」ってさをりを持って近寄ってきたりする子もいるそうです。

 

知的障がいを持つ子どもも、自分の織ったものを買ってもらえるということは、モチベーションアップにつながるし、自分の織ったものを、見て欲しい、買って欲しいという気持ちは、私たちと同じようにあるのだとおっしゃられます。

 

その気持ちを大事したくて、心織(ここる)で「さをり」を取り入れられているそうです。

 

また、厚生労働省の調査によると、障がい者施設で働く人たちの1ヶ月の賃金は
全国平均14000円台だそうです。

 

中でも大阪はワースト1に低く、平均11000円台なんだそうです。

 

田中
障がい者施設で働く子たちの給料が1円でも上がればという想いから、「さをり」を購入し、心織(ここる)で活用させてもらっています。

心織xさをり織 コラボ 

 

心織xさをり織

七星
心織(ここる)さんでは「さをり」を何に活用されているのですか?
田中
わんわんパトロールのリード標に「さをり」を使っているのと、うんち袋(マナーバック)に「さをり」を使った加工をしています。

さをり織のリード標

さをり織のマナーバッグ

田中
他にはドッグカフェマットを作ったり、お散歩バッグを作ったりしています。
ワンちゃんグッズでのコラボで「さをり」を活かしていきたいと思っています。

ドッグカフェマット

 

七星
わんちゃん関係以外で、「さをり」を通して何か協力できることはないですか?
田中
ご相談くだされば、テーブルセンターやコースター等、ご希望に添うよう「さをり」を探して加工し、オーダーで対応することも可能です。

最後に

お話をお伺いし、田中さんの想いや取り組みにすごく感動しました。
わたしも何かお手伝いしたい。
「さをり」を購入することで、ほんの少しでも社会貢献になるのならば・・・

と思い、さっそくオーダーさせていただきました。

さをり織のテーブルセンター

長さ2mほどのテーブルセンター。

田中さんがおっしゃられてたように、配色がとっても素敵なんで、とっても気に入ってます。

この季節にぴったりの元気がでるお色でしょ?

 

さをり織に少しでも興味を持った方は、特定非営利活動法人心織(ここる)代表の田中さんに連絡してみてくださいね。

 

 

田中さん、インタビューにご協力、ありがとうございました! 

 

この記事を書いた人

七星 奈津子

ライター/ブログ集客コンサルタント/コラムニスト 《言葉を紡いで未来をデザインする》をコンセプトに、ブログの書き方の指導&サポートを行いながら、新聞でのコラム執筆、記事執筆やブログ記事の代筆等、言葉を使って人の心に想いを届ける活動をしている。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software