• 風戸直子

ありがとう!!!『VIVA!ROASSO RADIO』

2006年4月にスタートしたRKKラジオ『VIVA!ROASSO RADIO』

3月27日が最終回でした。

途中1年の休止がありましたが、11年続いた番組でした。

 

パーソナリティは山崎雄樹アナウンサーと私。

そして、リスナーさんからビバラジDさんと呼ばれるようになった

上田陽子さんがディレクターを務めていました。

 

最終回の日に届いたメッセージには、

みなさんそれぞれのビバラジとの思い出のシーンも綴られていました。

 

投稿を読まれた時のこと、

選手や監督などゲストが話したこと、

山崎アナと私のやりとりのこと、

スタジアムやイベントで会った日のこと。

 

ロアッソと共に、泣き笑い。

ロアッソを愛する者同士。

週末のゲームに対する感情を、

月曜夜に分かち合っていました。

 

私はこの番組のお陰で、感情を素直に出す(出せる)ようになり、

その後の人生が変わっていったのではと感じます。

 

番組はたくさんのロアッソサポさんと作り上げていました!!!

ビバラジは多くの方から愛されていたと実感しながら、

生放送のスタジオに入りました。

 

最終回の放送を終えて、

寂しいのはもちろんですが、

こんなに愛された番組に出逢えたことは幸せだよなぁ

という想いも膨らんでいます。

 

気を抜くと涙が溢れそうになった最終回でした。

 

そこには、ただ寂しいや悲しいだけでなく、

あらゆる出会いへの感謝も確実にありました。

 

 

2004年、熊本にJリーグチームを作ろう!という県民運動を知り、

2005年、サッカーで熊本を盛り上げるって面白い!と

九州リーグ時代のロッソ熊本を観に行くうちに、

私は熱烈ロッソサポーターになっていました。

 

そこへ、「直さん、ロッソの番組をやりましょう!」と

声をかけてもらいました。

 

JFLからJリーグに上がることは、本当に大変でした。

上がれなかった年も、上がれた年も、

番組スタッフは必死に追いかけました。

よくぞ!!熊本にJリーグを誕生させてくれました!!!

 

ロアッソのお陰で、どんどんサッカー好きになり、

仲間も飛躍的に増えました!!!

 

時には、UDリレーマラソンを一緒に走りましょうという呼びかけに、

多くのサポーターさんが集まってくれました!!!

 

ロアッソファミリーありがとう!!!

 

ビバラジは終わりますが、

ロアッソは熊本にありますし、私もスタジアムに行きます。

 

ロアッソの次のホームゲームは、4月16日(日) VS松本山雅。

熊本地震復興支援マッチです。

ロアッソOBの前座試合もあるとのこと。

熊本にJリーグを誕生させてくれたメンバー達も来てくれます!!!

とても、とても、楽しみです♡

 

熊本地震後、サッカーの力に大いに助けられた私です。

 

ビバラジを通じ、出逢ってくださったみなさま♡

大好きです。

これまでも、これからも、ありがとうございます。

 

 

この記事を書いた人

風戸 直子

フリーアナウンサー。ラジオ番組、話し方レッスン講師、イベント司会など熊本を拠点に活動中。趣味は神社巡り。千葉県松戸市出身。法政大学経済学部卒業後テレビ熊本アナウンサーに。現在はフリー。熊本在住25年目。J2ロアッソ熊本を、発足当時から追いかけています。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software