• インテリア・建築

旅をアップグレードしてくれるのは?その1

おもてなしは様々

カナダはおもてなしを大変大事にするお話をしました。

お招きをうけて自宅でおもてなしを受けるのは至福の時です。

そのエッセンスを持ち帰るのが最近の楽しみ。

さらに、あちらで無いと出来ない素敵な体験が出来るのもまた楽しいのです。

アウトドアが趣味なお友達も又なかなか出来ない体験をさせてくれました。

私が旦那様と結婚しなければ知る事の無かった知らない世界。

広い郷土とそこに広がる大自然。

あまりに広過ぎて情報をキャッチするのは難しすぎです。

知ると広がる旅の楽しみ

カナダの首都はオタワ。トロントはオタワも含めたオンタリオ州の州都。

オタワは首都としての機能のみを持たせた街なので、買い物へならトロントの方がずっと楽しいでしょう。

オタワ・・・とても綺麗な街なんです。国会議事堂はゴシック洋式になっていて、

そんな古い建物の様式を配置した都市プラン。

橋を渡るとフランス語を話す人が半数を超えるケベック州となっており隣接してるんです。

ケベックではフランス語が先に表示、後ろや、下に英語となります。

首都がここにあるのもこういう事が影響してます。圧倒的に大都会のトロントでなく、

ケベック州と隣り合わせの街であるオタワに置く事で戦いの沈静化を計ったというように聞きます。

そんな話も行く迄は知りもしなかった。

 

IMG_1897

レイさんのお友達はそれを水上から連れてってくれるのです。ボートで。

IMG_1991

 

じつはこれ川なんですけど、ず〜っと遥か大西洋まで繋がってます。

スクリーンショット 2016-02-22 10.22.33 AM

トロント、ニューヨークとの位置関係はこんな感じ。

大西洋に浮かぶプリンスエドワード島もこの様に位置してます。IMG_1995

歩いて観光するならばこんな橋を渡り乍ら、古い町並みを探索出来ます。

 

IMG_0133

このゴージャスな建物なんでしょう〜?ホテルでしょうか?

IMG_0139

噴水なんか上がっちゃって〜。じゃじゃ〜ん。

カジノで〜す。表示がフランス語と英語♪

ニューヨークから船で来る事も出来るって訳ですよ〜。ニューヨークやトロント等大都市近郊には

ハイエンドな方々も多く、後、こちらのオタワにも10分くらいのエリアがハイエンドな方々のエリアが有ります。そこに、日本大使館も有る訳です。

そこからも水上で繋がりますので、こうして船での来館が可能な訳です。

IMG_0151 (1)

車以外のアプローチなんて考えた事もなかった!!

レストランへも船で移動するので、川沿いには素敵なレストランがいっぱいです。

 

cote_brasserie_kingston_1

cote-5-1024x724

川からアプローチしてレストランに行けるなんてこの付近のコテージや別荘なんて

持ってる人ってなんて夢があるのでしょう〜。

川繋がりの日本大使館もあるエリア近郊のハイエンドレジデンス♪

ヘリや、小型飛行機等のポートも見かけたりして。

IMG_0166

こんなのを見てると本当に夢が広がるし、世界にはリッチ〜な人がほんとにいるな

なんて実感します。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

ミッシェル 康代

親子のコミニュケーションを高める住まい作りの専門家/インテリアコーディネーター/2級建築士のミッシェル康代です。 建築も分かるインテリアコーディネーターとしてデザイナーズマンション、マンション・戸建てのモデルルーム、大型老健施設のインテリアデザインやインテリア講師やセンスUPセミナーの講師等も努めてきました。 現在は、コミュニケーションの在り方を極める事こそ『失敗しないリフォーム』を実現させる手段である!とより良いコミュニケーションの在り方を追求中です。

最近の投稿

メンバーブログの一覧に戻る

ページトップ
Powered by WishList Member - Membership Software